×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2004年12月10日 香水

私は匂い系のアイテムが案外好きである。

親しい人は知っていると思うけれども、悪いクセで、何でもすぐに匂いをかぐし、『匂い』に敏感なのかもしれない。

そんな私は、ひそかに香水をコレクションしております。普段の貧乏ったらしい雰囲気から想像できないかもしれないけど…。

まだ数こそは少ないけれど、どれもとても好きな香りなので、購入した順にちょっくら紹介してみようと思います。

@Ptisenbon プチサンボン…ジバンシーのオードトワレ。淡い水色のパッケージからも想像できる爽やかで優しい香り。

 寝る前とかに部屋にひと吹き…とかしてますね。邪魔にならない香りでよい。

ACreature d'anges クレアチュール・ダンジュ フランス語にカナふるのって難しい…。天使の羽という意味。

 こちらもオードトワレ。一番好きな香りかも。柔らかく適度に甘い香り。淡いピンク色の瓶もかわいくて好き。

BL' eau par KENZO ケンゾーです。白いパッケージのほう。

 友達がつけていたのを気に入って買ってしまったもの。スタイリッシュなかんじ。

 仕事に励みたいときやデキル女を演出したいときにいいかも。

Cmiracle 言わずと知れたランコムの名品ですな。@コスメの2004ベストコスメ・香水の部門でみごと1位獲得。

 ちょっとスパイシーでオリエンタルな感じが好き。

DGlow by j.Lo ジェニファーロペスのやつ。お風呂上りの香りらしい…けどけっこう香りが持続しますよね。

あとは小さいやつをちょこちょこ持ってるかんじです。

今年の2月にフランス・パリのオペラ座近くにあるフラゴナールの香水博物館に行ったのですが

そこに併設されているお土産屋さんは最高でした!!

香水の量り売りもあれば、十種ほどの香水の小瓶の詰め合わせもあり、リネンウォーター、石鹸あり…。

匂いフェチ(!?)には堪らん品揃えでした。

売り子のお姉さんが英語かフランス語で香りや成分の説明をしてくれます。とても親切でサンプルいっぱいくれました。

しかもこの博物館はたしか入場料無料です!香水ビンのコレクションなどがあります。

パリに行く際はぜひ寄り道してみてください!近くにある両替所はレートいいしね!  


2004年12月5日 ヤクルト400の威力

今、毎日欠かさず飲んでいるのが『ヤクルト400』。私の中で大いにヒットしている。

私の大好きな特定保健用食品であり、生きて腸で働くヤクルト菌『L.カゼイ・シロタ株』が400億個も入っているらしい。

あの皆様ご存知のちっこいヤクルト容器に、たかだか80mlの中に400億だ!!恐れ入ったか!!(なにが?)

しかし、コイツはほんとに恐れ入るのだ。

L.カゼイ・シロタ株が生きたまま腸にたどり着き、おなかの中の悪い菌を減らし、良い菌を増やしてくれるらしい。

私の場合、最初の一週間は、おなかの大掃除といった感じでめちゃめちゃ“GAS”が出た。

しかも凶悪な。さぞかし腹が汚かったのだろう。腹黒疑惑もあながち嘘ではなかったようだ。

そんなこんなで飲み続けているうちに、毎朝お通じのやってくる健康優良児になっていたのよ!!

一緒に飲み続けていた母の頑固な便秘も解消され、いまや母娘でシロタを崇拝している。

この歳になってこんなにヤクルト飲むとは思ってなかったよ・・・。

ヤクルトレディという名の感じのイイおばちゃん達が届けてくれるので一度お試しあれ。